<   2009年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

チュウリップ刺繍のアンサンブル 生徒の作品

透け感のあるグランドにチュウリップの刺繍が映えて素的な布です。
およばれ着になりますね。
一方方向の柄で限られた布で作るのに、デザインと裁断に工夫があります。
上着の前端のスカラップ部分は接ぎ目が入っています。
丁寧に注意深く作られ出来映えも良いと思います。

c0163981_6594152.jpg


[PR]

by akemi-takei | 2009-06-30 07:03 | 作品

麻のツーピース 生徒の作品

シルバー世代の方のスタンドカラーは襟元を少し下げますと
着やすくゆったりした感じになります。
服作りはファションも大事ですが
着やすさも重要なポイントです。素的に出来あがっても
なんとはなしに着にくい洋服は袖を通さなくなりますね。

c0163981_6231591.jpg


[PR]

by akemi-takei | 2009-06-29 06:27 | 作品

米国製コットンプリントのジャケット 生徒の作品

楽しいプリントですね。梅雨時から初夏にかけてピッタリです。
花の色に合わせて大きい貝ボタンをさがして付けました。

c0163981_754438.jpg


[PR]

by akemi-takei | 2009-06-28 07:57 | 作品

バルーン袖を付けたチェックのジャケット 生徒の作品

袖と着物スリーブの襠をバイヤスにしてチェックを効果的に使っています。
スッキリとしてお洒落ぽいですね

c0163981_6144274.jpg


[PR]

by akemi-takei | 2009-06-27 06:16 | 作品

ミッソーニの生地でチュニック 生徒の作品

フレアー袖と裾にもふれあーが入っていますが、ざっくりしたニットの良さで
袖口と裾は柄を通して裁断しています。
ざっくり編まれたニットはどうしても伸びてしまいがちですが襟周りに
透明ゴムを入れたり肩やアームホールはしっかり固定させました。
ミッソーニの生地は色彩にニアンスがあってステキですね。
重ね着も出来ます。

c0163981_6304093.jpg



[PR]

by akemi-takei | 2009-06-26 06:32 | 作品

ティアードスリーブのチュニック 生徒の作品

薄くてしなやかなポリエステルで大きくあけたスクエアカットのネックライン
おとなしめのティアードスリーブ・・・それに綿レースのジャケットを
組み合わせています。若者には出せない大人の着こなしですね。
生徒に教えられることも多々あります。

c0163981_6153542.jpg


[PR]

by akemi-takei | 2009-06-25 06:18 | 作品

バッテックで個性的にワンピース 生徒の作品

インドネシアに旅行したおりに買い求めた生地で柄を生かし
形はシンプルにしました。このデザインはどなたでも
ほっそりと見えますね・・・!!
更紗は生地はしっかりしていますが不思議と夏涼しく
襟周りもゆったりとあけ豊かに見え良く似合っています。

c0163981_6322325.jpg



[PR]

by akemi-takei | 2009-06-24 06:33 | 作品

大きいチェックのブラウスパート2 生徒の作品

残り少ない残布で色々工夫して作っています。

c0163981_61519.jpg



c0163981_625739.jpg

 脇縫い目無しにしてやっと身幅が
 入りました。胸までの開きですので
 スリットを入れて着やすくしています。



c0163981_6114020.jpg

 縦線は接ぎ接ぎですがレースを挟む
 ことによってはぎ目が目立たなくなり
 デザインとしても効果的で
 さわやかなブラウスになりました。



c0163981_6241322.jpg


[PR]

by akemi-takei | 2009-06-23 06:33 | 作品

大きいチェックのブラウス 生徒の作品

綿ボイルに所々太糸が織り込んでいますので布がしっかりしています。
皺にならない綿は着こごちが良く夏のジャケット代わりにもなります。
大きいチェックですので柄合わせに苦労して、ダーツを入れてウエストをマークしています。
近々新幹線で旅行しますので活躍するのでは・・・・・!!

c0163981_6292677.jpg


c0163981_6305764.jpgc0163981_631156.jpg


[PR]

by akemi-takei | 2009-06-22 06:35 | 作品

展覧会のハシゴをして・・・


c0163981_6582715.jpg
  
 最初は東京オペラシティアートギャラリーで
 アントワープ・ファッション展です
 英国の王立美術アカデミーの徹底した
 感性を生かす教育方針で、卒業生達の
 個性の強い作品でしたが、それぞれに
 美しくアートでした。


c0163981_720539.jpg

 それから電車を乗り継いで、スペインを中心とした
 ヨーロッパの刺繍展を見ました。ガラスばりの
 屋上ギャラリーで解放感があり光に映えて
 繊細な刺繍がそれはそれは美しく
 作者の日頃の精進がうかがえます。


c0163981_7382276.jpg


屋上庭園はまるで森の中にいるようで初めて見ましたので驚きでした。
お休み所も設置されていて快適に過ごせそうです。

c0163981_7454258.jpg



c0163981_7461369.jpg



c0163981_746393.jpg



c0163981_747131.jpg


 
[PR]

by akemi-takei | 2009-06-21 07:49